​ADVANSTAGE

​ADVANSTAGE

社員インタビュー01

新卒で不動産業界に入り、業界の洗礼を受ける。

上司であった社長と共にスターティングメンバ―として

アドバンステージエステートを創成期から支える。

現場でトップの実績を上げ、管理職に昇格。

​趣味は彼女とデート。 90年代J‐POP好き。

仕事は自分のためにやるんじゃない。

​誰かを幸せにするために、今日も僕は働く。

前職は何をしていましたか?

不動産デベロッパーの営業職です。

​新卒で入社して、主に新築マンションの販売を担当していました。

働きたいと思った理由は?

当時の上司だった、社長のもとで仕事をすれば、必ず力がつくと確信していたからです。

​ここまで社員に対する思いが強い会社は、そうそうないと思います。

起業時に誘ってもらえなかったので、直談判して入社しました。

​私の熱意に、さすがの社長もビビッてましたね(笑)

​入社前と入社後のギャップはありましたか?

営業として仕事の内容はそこまで変わらなかったので特には無かったです。

​ただ、会社を1からつくりあげていく作業に関わっていたので、今までになかった責任を感じました。

どんな仕事をしていますか?

不動産営業の管理職です。

お客様とお会いしてから、APO、商談、契約、ローン、アフターフォローまで全ての業務をやっています。

また、チームを持っているので、部下の教育をしたり、人事に関することも兼任しています。

​業務領域は広いですが、「会社を自分が動かす!」という意識で取り組んでいます。

どんな人が向いていると思いますか?

必要のないプライドを捨てられる人だと思います。

営業はお客様のためにやる仕事です。「自分がどう思われるか」ではなく「お客様はどう感じているのだろう?」と

考えられる人でないと成功しません。

​自分のためではなく、他人のために頑張れる人が最高です。

やりがいを感じる瞬間は?

部下の契約を決めて、喜ぶ姿を見たときです。

​自分の契約の3倍くらい嬉しいです。 以前は逆の立場だったので、自分自身の成長もとても感じられます。

また、お客様からの近況報告で「色々とお世話になったね。ありがとう」言われるときは感動しますね。

辛かったことはどんな事ですか?

自分の指導力不足で満足な結果を出させることが出来ずに、部下が会社を退職してしまったことです。

​部下を持つということは、その人の人生を預かっていることで、それだけの責任が伴うものだと実感じました。

アドバンステージエステートの良い所は?

営業マンは、『イケメン揃い』(笑)

​笑顔や挨拶を徹底しているので、よく他社のかたに「いい雰囲気ですね」と誉められます。

休日は何をされていますか?

彼女とデートです。

僕はこう見えて、実は ”尽くすタイプ” なので色々なところに遊びに連れていきます。

​休日はあえて仕事の事を考えないようにします。そうすることでONとOFFのメリハリがつきます。

今後の目標は?

バリバリ働いて、伝説のチームをつくることです。『バリバリ伝説』ですね(笑)

そして人事の仕事も頑張って、もっともっと同じ志を持った仲間を増やしていきたいです。

​プライベートでは、そろそろ結婚したいです…

採用についてのご相談。

​お気軽にお問合せ下さい。

火曜日定休

​(9:30~18:30)

03-5309-2870

​東京都新宿区西新宿4-5-1 幸伸ビル4F

株式会社アドバンステージエステート

copy right © 2014 ADVANSTAGE estate  all right reserved